KSS代表理事 徐夢荷
インタビュー

「改めて問う、KSSの意義とは」

2021年度で第8回目を迎えるKSS。

コロナ禍の中で従来通りのKSSが開催できない状況の中、改めてKSSの意義が問われている。

今後のKSSの行く末と役割とは一体何なのか。

代表理事である徐夢荷(以下:夢・夢さん)にインタビューした。

プロフィール

徐 夢荷/ Menghe Xu

中国遼寧省出身。高校卒業とともに渡日し、東京大学に入学。2014年より小松サマースクールの運営に携わり、2016年に実行委員長を務め、2017年より理事職。現在ワンダーラボ株式会社で教育サービス「ワンダーボックス」と「シンクシンク」のコンテンツ企画と海外マーケティングを担当。仕事外では小中高校生向けのSTEAMワークショップを主催し、科学とものづくり教育に打ち込む。

価値観を塗り替える、KSSを通して変わる。
実行委員として参加した第1回での経験。

そう:プログラム部門長のそうです。KSSの記念すべき第1回は2014年に開催されました。夢さんはその時に大学生実行委員として参加されたと伺いましたが、どういった経緯があったのでしょうか?
夢:最初は本当に軽い理由だったんですよね。現HLAB理事で、KSSの立ち上げにも携わっていた方と同じゼミを取っていたんです。近くにいたHLABの人達がキラキラしていていいなって思っていたときに、声をかけてもらったのがきっかけだったんです(笑)。当時HLABに参加してみたいとは思っていたんですが、自分にはできるのかなと自信がなかったので、声をかけてもらえなかったら参加してなかったと思います(笑)。
そう:いきなり親近感をすごい感じるきっかけですね(笑)。縁もあってという感じだったんですね。
夢:そうですね。実際、中国だとそういった課外活動みたいなものがあまり無いので、そもそも学生団体に対するイメージが無かったんです。なので、本当にご縁があってという形だったんです。
そう:ちなみに、夢さんは高校生の時はどんな子だったんですか?
夢:中国の教育システムに順応しきった子でした。中国は割と詰め込み・成績至上主義なところがあるんですね。だから、大学も自分で選ぶというよりかは、成績に合わせて決められるという形でした。競争もとても激しくて。私はそのシステムに割と合ってていた子だったんですけど(笑)。なので、当時は「競争に勝つこと=勉強の目的」になっていましたね。
そう:勉強に対する考え方が変わったのはいつだったんでしょうか?

夢:KSSに参加してからです。大学って各々が自分の勉強したいこと、研究したいことを探求する場じゃないですか。今まで私は同じ土俵で他の子と競い、勝つことに勉強の意味を見出していて、自分が何を研究したいかとかを考えてはいなくて。それが突然競争相手がいなくなってしまった事で大学で勉強する理由や、もっといえば生きがいみたいなモノを無くしてしまったんです。

KSSで多くの高校生・大学生・社会人がなにか達成したい目標やパッションを持って生きているのを見て、「あ、自分ももっと自分の好きなことをやっていいんだ」って思えたんです。それまでは、工学専攻→エンジニアっていう中国の王道の考え方に縛られて、受動的に生き方を決めてしまっていたんだなって。KSSに参加したことで、初めて能動的に自分のやりたいことを見つめられたんです。結果的に、今は自分の好きな教育の現場に携われていますしね。
そう:夢さん自身の考え方・生き方にも大きな影響を与えてくれたんですね。KSSは「リベラルアーツ」や「多様性」をキーワードにしています。KSSがこの2つを大切にする理由はなんでしょうか?
夢:一言でいうなら、自分の力で自らの未来を描くために必要だからです。そのためには、他人を知ること。そしてそれと同じくらい自分を知ることが大事なんです。リベラルアーツも、多様性も、自分の世界以外の事を教えてくれる。それが結果自分の世界の事をよく教えてくれる。むしろ、一度外を知らないと自分の世界についてなんて何にもわからないと思うんです。「他人を知って、自分を知る」ためにこの2つは欠かせない存在なんですよね。
そう:なるほど。それでは、もう1つのキーワードの「バイリンガル」についてはどうお考えですか?
夢:そのための武器だと思っています。やっぱり多言語を知っている方が、触れられる学問・コミュニケーションを取ることの出来る人も増えます。その方が自分の外のことをより知れますもんね。あと、最近はマイノリティについても考える機会が増えたんです。
そう:なにがあったんでしょうか?
夢:今、「学生の皆さんが知りたい!」って思ってるトピックなんだなって思ったんです。先日、中学生の前でお話しさせてもらう機会があったんですね。様々な分野の人達が、各々の職業だったりについて講演する中で、私はマイノリティについてお話させていただいたんです。そしたら、講演後に本当に沢山の中学生達が私のもとにだけ来てくれたんです(笑)。普段、あまり聞くことの無いトピックだからこそ、みんなが聞きたい!知りたい!って思ってるんだなっていうのを目の当たりにしましたね。
そう:KSSとしては他の3つに比べるとそこまで押しているフレーズではないですが、特に「多様性」とは関わりが深いものですし、重要なトピックですよね。

夢:そうなんです。誰でも何かしらではマイノリティだと思っていますし、それは全く悪いことじゃないです。ただ、自分がマイノリティであるときに、社会からの承認を得るためにはマジョリティよりも多くの障害を乗り越えなければならないのも、また事実です。その時に、例えば、バイリンガルであることや、他分野の知識を持っていることがそういった障害を乗り越えるための力だったり、自信になると思うんです。

当時の高校生・大学生参加者と

小松だから提供できる、全国でもトップのリソース。
「地方だから」の妥協は一切無い。

そう:KSSはその名の通り、石川県小松市で開催されるサマースクールです。なぜ小松市なのでしょうか?

夢:小松市に限らず石川県や北陸全体に言えることなんですが、KSS以前の北陸って学生を対象にしたグローバルなワークショップがあんまり無かったんですね。一方で、OUIK(1)やPrinceton in Ishilkawa(2)に代表される国際的な教育団体や組織はあったんです。需要も、資源もあるのにそれを活用する場所が無いっていう。それを繋げたのがKSSだったんです。

注(1):国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット

注(2):米・プリンストン大学主催の、石川県で行われる、日本語を学習する海外大学生の短期留学プログラム

そう:なるほど。ここに需要と資源があったのが1つ大きな理由なんですね。後は供給できる場所を作ってあげるだけだったと。
夢:そうです。でも、地方で提供してるからってリソースに妥協してるとは思っていません。むしろ、全国でもトップのものを提供してると思っています。だからこそ、日本全国、そして海外からも高校生が応募してくれるんだと思います。
そう:結果的に、全国から大学生と高校生が参加してくれることによって、日本国内の多様性みたいなものも生まれますよね。僕自身も、こんなに北陸や関西の人達と仲良くなれたのは初めてでした(笑)。

夢:たしかにそうですね(笑)。「他人を知って、自分を知る」ためにはそういった身近な多様性も欠かせないことだと思います。多様性ってなにも「めずらしいもの集めました!」って訳じゃ無いですからね(笑)。同じ日本、同じ高校生でも出身地や文化が違えば、自分の知らない世界の人です。そういった「被る部分もある、けど違う」っていう身近さから学べることも多いと思います。

海外の大学生やプログラムで出会う社会人の方々は、一見被っている所がない人達。でも、話していくと色々な共通点をみつけることができる。一方で、他の高校生は、一見被っている人達。けど、話していくと全然違う価値観やバックグラウンドを見つけることができる。どちらの多様性も必要不可欠ですよね。
多様な仲間と築いたサマースクール

大学生が全てを考え、作り、突き詰める。
「揺らぎ」があるからこその主体性と自由な発想。

そう:夢さんは2017年に実行委員長を務めた経験もおありです。その当時と、現在代表理事として活動なさってる今とで、考え方やKSSに対する認識に違いなどはありますでしょうか?
夢:私が実行委員長を務めた時は、KSSがまだ3年目だったということもあって、システムが全く整っていなかったんですね。「2年間分のノウハウがあるはずなのに、なんでこんなにわからないことだらけなんだ!」って(笑)。その時はがっつりシステム化して〜マニュアル化して〜って考えていたんです。けど、今は少し違うかもしれません。
そう:どう変わったのでしょうか?
夢:敢えて語弊を恐れず言うのであれば、「揺らぎこそがKSSの良さ」だと思うようになったんです。大学生が全てを作りあげ、ある種の自由と緩さをもっているからこそのKSSなんだなって。
そう:揺らぎ、ですか。システム化にこだわっていた時とはたしかに逆の意見ですね(笑)。
夢:はい(笑)。KSSの実行委員は基本的には毎年入れ替わるじゃないですか。それに加えて、大学生実行委員の裁量が大きい。行き違いやミスもあると思います。しかし、だからこそ自由度の高い中で、新しいアイディアや柔軟性が生まれているのだと考えています。だからといってシステム化がなってない、引き継ぎが全く出来てないというのはもちろんダメですし、避けるべき事ですが(笑)。
そう:なるほど。自由度が高いからこそ、大学生一人一人がしっかりと責任を持って突き詰めなければならないですもんね。
夢:そうです。KSSの実行委員は任された仕事をこなすというよりかは、自分で考えて主体的に行動することが求められていると思います。同じ大学生同士、面白そうな意見はどんどん検討していこうみたいな雰囲気もありますしね。
そう:その主体性が、本番期間、高校生を前にした時に一人一人が持つべきリーダーシップに繋るんですね。
夢:その通りだと思います。普段から自主的に、主体的に行動しているからこそ、一人一人がリーダーシップを持って高校生に接することが出来るんだと思います。
そう:本当にみんな頼もしい仲間だと常々感じます(笑)。KSSは次回で8回目の開催になります。これからのKSSをどういう風にしたいとかはありますか?

夢:規模感はこのままでいいと思っています。これ以上大きくするつもりは今のところありません。この規模感がKSSの良さでもありますしね(笑)。ただ、プログラムは常に進化させる必要があると考えています。KSSは、SDGsやジェンダーといったトピックをいち早くプログラムに組み込んできました。これからもそういった風に、時代に合わせてプログラムを刷新していく必要があると考えています。大学生が考える時代のニーズや、こういった事を高校生に伝えたい!といった想いをプログラムとしてカタチにすることが一番重要だと考えています。いままでもやってきている事なんですが、これからもこれを続けることでKSSとして常に進化できるんじゃないかと思っています。

KSSという場が高校生にとって、主体性をもって生きること・多様性を認めること・社会貢献といったことの大切さを知るきっかけになって欲しい。その上で、自分が楽しいと思えることは何かを知るきっかけになって欲しいですね。
そう:なるほど。僕自身もKSSについて理解がより深まった気がします。本日はありがとうございました!
2018年度は理事として参加

インタビュアー/編集 小野寺壮

編集 市川裕太郎