KSS2021 online

基調講演:上野 千鶴子氏

上野 千鶴子氏

社会学者・東京大学名誉教授・認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長

富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了。社会学博士。平安女学院短期大学、京都精華大学などの助教授、ボン大学、コロンビア大学などの客員教授を歴任した後、2011年度まで東京大学大学院人文社会系研究科教授、2012年度から2016年度まで立命館大学特別招聘教授。現在は東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長を務める。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニアであり、高齢者の介護とケアも研究テーマとしている。著書に『おひとりさまの老後』『女ぎらい ニッポンのミソジニー』『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』『人生のやめどき』などがある。

 

受賞歴
1994年『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞
2011年度、「朝日賞」受賞。受賞理由「女性学・フェミニズムとケア問題の研究と実践」
2019年、フィンランド共和国からHän Honours受賞(長年の男女平等への貢献に対する感謝状)
2020年、「アメリカ芸術科学アカデミー会員」に選出される

 

高校生へのメッセージ

東京大学がわたしを入学式の祝辞に招いたのは、女子学生比率2割の壁を超えたい、という思いからでした。受験生の女子比率が高くならない限り、合格者の女子比率も高くなりません。18歳になるまでに、女の子の挑戦する気持ちを挫くような教育環境のもとで子どもたちが育ってきているからです。それだけではありません。
正解が1つしかない問題の正答率の高い子どもたちを選抜することにどんな意味があるのでしょうか。世の中にまともな疑問を持ってみれば、世の中は謎だらけです。ご一緒に考えてみましょう。

KSS2021 online セミナー

Aya

Women’s Health Around the World

女性と健康:人類学的な視点から

Each month, young girls sacrifice their education because of a stigma toward periods and lack of access to menstrual products. This seminar will examine female hygiene across cultures and raise the questions– What does stigma surrounding menstrual health look like in different cultures? How can we address the issue of young girls and women not having access to period products? Students will have the opportunity to engage in open discussions about women’s health and gain a greater understanding of how people are affected globally.

 

毎月、若い女の子は生理に対する偏見と月経製品へのアクセスの欠如のために教育を犠牲にしています。このセミナーでは、文化を超えた女性の衛生状態を調査し、疑問を投げかけます。異なる文化では月経への「汚名」はどうなっているのでしょうか?若い女の子と女性が生理用品にアクセスできないという問題にどのように対処できますか?高校生は、女性の健康についてオープンな議論を行い、人々が世界的にどのように影響を受けているかをより深く理解する機会があります。

Kiely

Introduction to Film Studies

映像学入門

This course will give an overview of the main topics in film studies. Students will learn how to study and discuss films in an academic setting, moving beyond ‘liking’ or ‘disliking’ films into a broader discourse about how and why films make meaning. Through watching clips and studying important moments in film history, students will learn about how films make meaning through mise-en-scene, cinematography, editing, sound, and other film techniques. My goal is to teach students to engage with film as a text rather than entertainment, which will lead to a more mature analysis that is essential in a liberal arts environment.

 

映像学入門では、ただ映画が好きか嫌いかという話だけではなく、映画を学術的目線から見て、なぜ、どのように映画はメッセージを持っているのかということを学びます。映画界の重要な出来事について勉強したり、実際に映画のワンシーンを見ることを通して、舞台装置、撮影、編集、音響などの映画技術がどのようにメッセージを生み出すのかを知ることができます。セミナーの目標は、エンターテインメントではなくテキストとして映画に取り組むことを高校生に教えることです。これにより、リベラルアーツに不可欠なより洗練された分析力を獲得できます。

Crystal

Language, Gender, and Sexuality

言語、ジェンダー、セクシュアリティ

This seminar will look at how language, gender, and sexuality through an interdisciplinary perspective. The main goal is to break down stereotypes and ideologies we have about gender and sexuality in language, called “folk languages” or “folk identities.” We will look at different concepts used in the field of linguistics to investigate how ideas of gender and sexuality are being produced through the language we speak, hear, and perceive. Students will be encouraged to use and build upon personal experiences and knowledge they have by applying new concepts introduced. A few topics that we will investigate include gender differentiation in language structures, politeness, language and discrimination, etc.

 

このセミナーでは、学際的な視点から言語、性別、セクシュアリティを見ていきます。 主な目標は、「フォークランゲージ」または「フォークアイデンティティ」と呼ばれる、言語におけるジェンダーとセクシュアリティに関して私たちが持っているステレオタイプとイデオロギーを分解することです。 言語学の分野で使用されているさまざまな概念を見て、私たちが話し、聞き、知覚する言語を通じて、ジェンダーとセクシュアリティのアイデアがどのように生み出されているかを調査します。 高校生は、導入された新しい概念を適用することによって、彼らが持っている個人的な経験と知識を使用し、構築することが奨励されます。 私たちが調査するいくつかのトピックには、言語構造における性別の差別化、礼儀正しさ、言語と差別などが含まれます。

Risa

Justice for Asian Americans: End the Hate Crimes

アジア系アメリカ人のための正義:ヘイトクライムを終わらせるために

Since the COVID-19 pandemic has exerted unforeseen consequences on the U.S. economy and prompted changes in domestic and international policy, there has been an alarming spike in anti-Asian American hate crimes all throughout the United States. Now is the most urgent and appropriate time to encourage students to examine the history and current events related to racism targeted at Asian-Americans. The goal of this course is to build a solid foundation of knowledge, regarding the history of racism within and surrounding the Asian-American community, and its connection to recent anti-Asian hate crimes during the pandemic. By the end of the course, students will have developed an advocacy-awareness proposal that outlines feasible methods to increase awareness for the issue (educational/public policy) and possible legislation solutions to compensate Asian-American victims affected by these crimes.

 

COVID-19のパンデミックが米国経済に予期せぬ結果をもたらし、国内および国際的な政策の変更を促したため、米国全土で反アジア系アメリカ人のヘイトクライムが急増しました。 今こそ、アジア系アメリカ人を対象とした人種差別に関連する歴史と現在の出来事を調べるよう学生に勧める最も緊急かつ適切な時期です。 このコースの目標は、アジア系アメリカ人コミュニティ内およびその周辺の人種差別の歴史と、パンデミック中の最近の反アジア人ヘイトクライムとの関係に関する知識の強固な基盤を構築することです。 コースの終わりまでに、高校生は、問題に対する意識を高めるための実行可能な方法(教育/公共政策)と、これらの犯罪の影響を受けたアジア系アメリカ人の犠牲者を補償するための可能な立法解決策を概説するアドボカシー意識の提案を作成します。

Sage

Musical Biology: Exploring the Intersection of Music and Science

音楽生理学:音楽と科学の融合領域への探検

Humans are unusual in the animal kingdom, but not unique, in our fascination with music. Nearly every waking minute of our life is spent with music in some capacity, whether it be on the radio, playing from our smartphones, or in the background of our favorite movies and video games. But why do we as a species place so much importance on such an ephemeral, intangible activity? This seminar aims to explore this question through the lens of modern biology and psychology, exploring how our brains process music, the benefits listening to music has, and trying to define what makes a certain collection of sounds “music.” Through this seminar, students will hopefully gain an appreciation for what many take for granted, and realize that taking an interdisciplinary look at a topic can result in a deeper understanding than otherwise possible.

 

人間は動物界では珍しい存在ですが、音楽に興味を示すという点では他の動物と同じです。 我々の生活において我々の生活の殆どは音で満たされています(ラジオ、スマートフォンからの再生、お気に入りの映画やビデオゲームのバックグラウンドなど)。 しかし、なぜ私たちは種として、そのような一時的で無形の活動をそれほど重要視しているのでしょうか? このセミナーは、現代の生物学と心理学のレンズを通してこの質問を探求し、私たちの脳が音楽を処理する方法、音楽を聴くことの利点を探求し、特定の音の集まりを「音楽」にするものを定義することを目的としています。 このゼミを通して、高校生が批判的思考を身に着け、学際的な視野を持つことの重要さに気づくきっかけになることを願っています。

Alawab

Exploring Space: Beyond the Abyss

宇宙の探検:深淵の向こう側

In this seminar, students will look at the current prospects of space travel from a logical and practical viewpoint. We will use simple engineering terminology and introduce the science behind modern space exploration. Students will have the opportunity to discuss the reasons for space exploration and the driving factor behind exploring the endless abyss we call space. To that extent, we will be using some of NASA’s current research as well as recent look closely at recent achievement by other space travel industries.

 

このセミナーでは、現代のスペーストラベルの可能性について論理的な視点と実際的な視点から考えていきます。簡単な工学技術を使って現代の宇宙探査の科学を紹介します。探査の理由や、果てのない深宇宙を探検する動機付けについて話し合う機会があります。いくつかNASAの研究と、他の宇宙ビジネスの会社の最近の実績を見ながら問いに向き合いましょう。

Monalisa

The Biopsychosocial Framework of Adolescent Development

青年期発達:生物心理社会学のフレームワークを用いて

This seminar will explore the dynamic interaction between biological, psychological, and social factors that drive adolescent development. Topics that will be discussed include brain maturation, identity formation, as well as families and peers. Since students already have some prior knowledge on this topic—as they are adolescents going through development themselves – I would like to draw from their own experiences and enrich this class with discussions in addition to readings. By bringing attention to the changes they are going through and how it connects to their social surroundings, this seminar aims to prepare students in navigating the developmental challenges towards being a young adult.

 

このセミナーでは、青年期の発達を促進する生物学的、心理的、社会的要因間の動的な相互作用を探ります。 議論されるトピックには、脳の成熟、アイデンティティの形成、そして家族や仲間が含まれます。 高校生の皆さんはすでにこのトピックについてある程度の予備知識を持っているので(皆さんは自分で発達を遂げている青年であるため)、私は自分の経験から引き出し、読書に加えてディスカッションでこのクラスを充実させたいと思います。 このセミナーは、彼らが経験している変化とそれが彼らの社会的環境とどのように関連しているかに注意を向けることによって、若い成人になるための発達上の課題をナビゲートする高校生を準備することを目的としています。

Grace

Comparative Directors: Disney & Miyazaki

映画監督の世界:ディズニーと宮崎を比較して

Yes, it IS possible to talk smart about Disney Princesses and Totoro! The seminar essentially aims to deliver a new perspective on understanding cultural forms that we are already familiar with and demonstrate the possibility to understand Disney and Studio Ghibli films as a cultural relic. The two arguably best-known and widely acclaimed auteurs in the history of animated cinema are Walt Disney and Hayao Miyazaki. From the beginning of their careers as founders of independent production houses: Walt Disney Studios and Studio Ghibli, their works influenced how we understand animated films and films for children, both in their respective domestic cultures (US and Japan) and in transnational contexts. As much as these films are widely popularized and are considered standardized forms of how we tell stories to the youth, there is a growing need to understand their roles in introducing, retelling, and reinforcing the cultural values from which they emerge. This unique seminar aims to critically examine the stunning aesthetics that authentically characterizes these auteurs’ animation styles and, more importantly, discuss the ideological undercurrents embedded into the narratives these films tell. Throughout the seminar, students are encouraged to reflect upon their personal experiences of viewing the works of the directors and engage in discussion in how we can understand the various themes portrayed in the films.

 

はい、ディズニープリンセスとトトロについて論理的に話すことは可能です!セミナーは基本的に、私たちがすでに精通している文化的形態を理解するための新しい視点を提供し、ディズニーとスタジオジブリの映画を文化的遺物として理解する可能性を示すことを目的としています。アニメ映画の歴史の中で間違いなく最も有名で広く評価されている2人の作家は、ウォルトディズニーと宮崎駿です。独立した制作会社であるウォルトディズニースタジオとスタジオジブリの創設者としてのキャリアの初めから、彼らの作品は、それぞれの国内文化(米国と日本)と国境を越えた文脈の両方で、アニメーション映画と子供向け映画の理解に影響を与えました。これらの映画は広く普及しており、若者に物語を伝える方法の標準化された形式と見なされていますが、それらが生まれる文化的価値を紹介、再語り、強化する上でのそれらの役割を理解する必要性が高まっています。このユニークなセミナーは、これらの監督のアニメーションスタイルを真に特徴付ける見事な美学を批判的に検討し、さらに重要なことに、これらの映画が語る物語に埋め込まれたイデオロギーの底流について議論することを目的としています。セミナーを通して、高校生は監督の作品を見た個人的な経験を振り返り、映画に描かれているさまざまなテーマをどのように理解できるかについて話し合うことが奨励されています。

Bill

The Personal Narrative: Crafting Your Story

自分史:自分の生い立ちを描こう

The personal narrative is not simply just another essay people are forced to write in English class. It is the written expression of our whole being, what we stand for, who we are. In this seminar, we will be exploring what it means to write a well-crafted personal narrative. You will not only learn how to reflect on who you are by asking the right questions and engaging in dialogue with your peers–but also how to commit your reflections and revelations onto paper in a creative way. Through reading examples of successful and unsuccessful reflective essays, taking part in in-depth discussions of these works, and workshopping your very own personal narratives, you will gain a deeper appreciation and understanding of creative expression. And, of course, through learning how to deeply reflect on your life, you will be able to reach a more profound awareness of yourself.

 

パーソナルナラティブは、人々が英語の授業で書くことを余儀なくされている単なる別のエッセイではありません。 それは私たちの存在全体、私たちが何を表しているのか、私たちが誰であるかを書面で表現したものです。 このセミナーでは、巧妙に作成されたパーソナルナラティブを書くことの意味を探ります。 適切な質問をしたり、仲間と対話したりすることで、自分が誰であるかを振り返る方法を学ぶだけでなく、自分の振り返りや啓示を創造的な方法で紙に書き留める方法も学びます。 成功したエッセイと失敗したエッセイの例を読んだり、これらの作品の詳細な議論に参加したり、あなた自身の個人的な物語をワークショップしたりすることで、創造的な表現をより深く理解し、理解することができます。 そしてもちろん、自分の人生を深く振り返る方法を学ぶことで、自分自身のより深い意識に到達することができます。

Betsy

English Composition Through the Fairy Tale Tradition

童話の伝統から見る英語構成学

The purpose of this seminar is to develop analytical reading and writing skills to prepare students to write effectively. While students will practice strategies for analytical writing, much of the course will revolve around the exciting fairy tale tradition. The aim of this course is to hone our abilities as writers and readers in a fun and inviting environment. Ultimately, the purpose of this seminar is to help students write more critically, more confidently and more successfully: to prepare students to thrive in their future!

 

このセミナーの目的は、生徒が効果的に書く準備をするための分析的な読み書きスキルを開発することです。 高校生は分析的ライティングの戦略を練習しますが、コースの多くはエキサイティングなおとぎ話の伝統を中心に展開します。 このコースの目的は、楽しく居心地の良い環境で、ライターおよびリーダーとしての能力を磨くことです。 最終的に、このセミナーの目的は、高校生がより批判的に、より自信を持って、よりうまく書くことができるようにすることです。つまり、高校生が将来成長できるように準備することです。

Mei

Dance and Identity - A Short History

ダンスとアイデンティティの小史

This seminar will dive into the history of dance by looking at several different dance forms, their origins, and where they fit in a larger picture of the art. Not only that, but we will be specifically discussing how dance acts as a form of expression, identity, and change. We will be looking at the origins of ballet, tap, modern, and hip hop in particular and investigating what each type of dance includes, but also why they developed the way they did and how they changed as they spread. Discussions will range from rebellion and political criticism in dance to why hip hop is even called hip hop in the first place. We will be spending time not only discussing and learning, but also taking a closer look at some examples of each type of dance, including battle scenes in ballets, tap dance in Hollywood’s Golden Age, and some classic hip hop music videos from the 90s. We will finish with a look to the future – what does dance look like now and what directions might it be heading? With this final lesson we will take a quick look at some K-Pop, a modern twist on timeless traditional dance, and creative ways dance has adapted during the COVID-19 pandemic. This seminar will be light-hearted and fun but also touch on important topics such as self-expression, power, and race. I look forward to meeting all of you!

 

このセミナーでは、いくつかの異なるダンス形式、それらの起源、およびそれらが芸術のより大きな全体像のどこに適合するかを見て、ダンスの歴史に飛び込みます。それだけでなく、ダンスが表現、アイデンティティ、変化の形としてどのように機能するかについて具体的に議論します。特にバレエ、タップ、モダン、ヒップホップの起源を調べ、それぞれのタイプのダンスに何が含まれているのか、そしてなぜ彼らがそのように発展したのか、そして彼らが広がるにつれてどのように変化したのかを調査します。議論は、ダンスにおける反逆や政治的批判から、ヒップホップがそもそもヒップホップと呼ばれる理由まで多岐にわたります。話し合いや学習だけでなく、バ​​レエの戦闘シーン、ハリウッドの黄金時代のタップダンス、90年代のクラシックなヒップホップミュージックビデオなど、各タイプのダンスの例を詳しく見ていきます。最後に未来への展望をお届けします。ダンスは今どのように見え、どのような方向に向かっているのでしょうか。この最後のレッスンでは、K-Pop、時代を超えた伝統的なダンスの現代的なひねり、そしてCOVID-19パンデミックの間にダンスが適応した創造的な方法を簡単に見ていきます。このセミナーは、気さくで楽しいだけでなく、自己表現、力、人種などの重要なトピックにも触れます。皆様にお会いできることを楽しみにしております!