お問い合わせ

よくある質問

説明会に関して

A. Web会議ツールであるZoomまたYouTube Liveを利用して、オンライン説明会を開催する予定です。例年5月頃を目途に高校生向け説明会を行っています。こちらのホームページまたSNS(Facebook、Instagram)にて説明会のご案内をしておりますので、そちらをご参照ください。

応募に関して

A. 応募資格を満たす方であれば、居住地・国籍に関係なくどなたでもご応募いただけます。

A. こちらのホームページ(https://komatsu-ss.org/ )のApplicationに、応募フォームのリンクを掲載するので、そちらにアクセスをしてください。そのリンク先のGoogle Formにて課題作文の提出をしていただき、応募完了となります。

プログラムに関して

A. プログラム中のセミナーは基本的に英語で行われるので、一定のリスニング・スピーキング能力が求められます。しかし英語力に自信がないとしても、バイリンガルの日本の大学生及び1年以上日本語を学んでいる海外の大学生が、期間前から期間中までサポートします。積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする姿勢が一番大事です。

KSS2020online説明会で頂いた質問

A. 問題ありません。英語を話す・聞くことに自信がないとしても、バイリンガルの日本の大学生及び1年以上日本語を学んでいる海外の大学生が、期間前から期間中までサポートします。積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする姿勢が一番大事です。

A. はい、基本的に全て英語で行われます。どのレベルの英語力でも理解できるよう、日本人大学生であるハウスリーダー(HL)が高校生の方々をサポートいたします。

A. フォーラムは日本語で行われます。

A. 高校生全学年、さらにギャップイヤーの方でもご参加いただけます。毎年、英語に触れたい、リベラルアーツの授業を受けたいという高校生もいれば、進路に悩んでいる、大学生の生の声を聞きたいといった理由で参加する高校生も多くいます。この夏、自分を変えたい、自分と向き合いたい、新しい価値観・新しい人と出会いたい、自粛期間が続いているけれどおうちの中でも何かしたい!そんな高校生におすすめです。

A. 日本語を1年以上学んでいる、アメリカだけでなく世界各地の大学で学んでいる大学生です。みんな学んでいる分野は理系から文系、美術系など様々で、高校生のみんなと話すのを楽しみに待っている人たちばかりです。

A. 説明会で紹介したセミナーの他、物理の仕組みを考えるセミナー、日常を撮るフォトグラフィー入門、映画を「読む」シネマ学、隠れキリシタンから考える歴史学のセミナー等がありました。

A. ありません。積極的に話したい、チャレンジしてみたいという心のみあれば大丈夫です。

A. 参加資格は高校生であること以外ありません。選考の応募要項はホームページに掲載しています。応募は今週の金曜日(6月12日)までなのでお早めに!

A. プログラム全ての日程に参加が可能であれば、海外からの参加できます。インターナショナルスクールに通う高校生の方の応募も受け付けています!

A. 今年度はコロナウィルスの流行により通常のサマースクールは行えませんが、スタッフ一同、例年と変わらない充実感のあるプログラムを企画しています。オンラインだからこそできるプログラムや語り場なども予定しています。

お問い合わせ先

小松サマースクールでは、メールでのお問い合わせを随時承っております。

✉ 広報・メディア関連のお問い合わせ

komatsu.ss.pr@gmail.com (広報部門)

✉ その他・全般のお問い合わせ

komatsu.ss.info@gmail.com(総務部門 / 実行委員長)