基調講演過去講師

『おひとりさまの老後』『女ぎらい ニッポンのミソジニー』『上野先生、フェミニズムについてゼロから教えてください!』『人生のやめどき』『女の子はどう生きるか:教えて、上野先生!』など

著書

1)1994年『近代家族の成立と終焉』(岩波書店)でサントリー学芸賞受賞 2)2011年度、「朝日賞」受賞。受賞理由「女性学・フェミニズムとケア問題の研究と実践」 3)2019年、フィンランド共和国からHän Honours受賞(長年の男女平等への貢献に対する感謝状) 4)2020年、「アメリカ芸術科学アカデミー会員」に選出される

受賞歴

東京大学がわたしを入学式の祝辞に招いたのは、女子学生比率2割の壁を超えたい、という思いからでした。受験生の女子比率が高くならない限り、合格者の女子比率も高くなりません。18歳になるまでに、女の子の挑戦する気持ちを挫くような教育環境のもとで子どもたちが育ってきているからです。それだけではありません。 正解が1つしかない問題の正答率の高い子どもたちを選抜することにどんな意味があるのでしょうか。世の中にまともな疑問を持ってみれば、世の中は謎だらけです。ご一緒に考えてみましょう。

高校生へのメッセージ