小松サマースクール

北陸で未来の地図を広げよう

小松サマースクール(KSS)は、高校生向けの日英バイリンガルサマースクールです。

日本や海外から集まる高校生・大学生と共に1週間を過ごし、
自分の新たな一面を発見して将来について想いを馳せるきっかけを提供します。

この夏、あなたも最高の仲間と共に、自分について、将来について、考えてみませんか?

小松市で開催する理由

小松市は、木場潟や日本遺産に指定された石の文化などの自然豊かな環境、歌舞伎をはじめとする伝統工芸、コマツなどに代表される工業など、長い歴史の中で自然、伝統、工業が今日まで守られ、そして発展してきました。さらに、小松市は国境を越えた国際交流の推進を積極的に行なっており、世界の様々な都市との交流事業を展開するなど、異文化理解もさかんな土地です。


そんなのびのびと学ぶことができる環境の中で、様々なバックグランドをもった高校生参加者、大学生スタッフ、社会人の方が小松市に集結し、小松サマースクールは開催されます。(小松市の特徴についてはこちら)

多様なプログラム

KSSでは様々なプログラムを通してインプットとアウトプットを行い、自身の考えを深めていきます。海外の大学生からリベラルアーツの授業を英語で受けるセミナー。日本、世界を舞台に、様々な分野で活躍される社会人の方を講師としてお招きし、自身のこれまでの人生の歩み、考えなどのお話を伺うフォーラム。

歌舞伎メイク体験や、九谷焼の絵付けなど、小松市に根付く伝統文化、地域の方がとの出会いを提供する小松文化体験。国連大学 サスティナビリティ高等研究所 いしかわ・かなざわオペレーティングユニット(UNU-IAS-OUIK)の協力を得て行う、SDGsワークショップ。他にも、皆さんの学びと気付きを最大化するプログラムがたくさん用意されています。

地域の皆様のご協力​

第34回となる「2018年度国際交流基金地球市民賞」に、小松サマースクール実行委員会が受賞しました。設立から今まで、たくさんの企業、団体、個人のみなさまにお力添えをいただき本当にありがとうございます。


本団体の理念にご賛同いただき、ご支援くださいましたこと厚く御礼申し上げます。

小松サマースクールの特徴

セミナー

「対話」を軸にした少人数授業で、批判的思考を養います。海外の大学生と日本の大学生がペアで学術的な授業を英語で教えます。

小松文化体験

小松に繰り出し、悠久の伝統文化を五感で感じます。受け身になりがちな座学だけではなく、体を存分に使って学ぶことができる時間です。

フォーラム

普段出会うことのない大人との関わりにまだ見ぬ将来を描きます。多様な分野で活躍されている社会人をお招きし講演を行なっていただきます。

ハウス制度

サマースクール期間中、高校生5名、ハウスリーダー (HL) 1名、セミナーリーダー (SL)1名、実行委員 (EC) 数名からなる家族の様な「ハウス」と呼ばれるグループで過ごします。

過去参加者の声

KSS代表理事 徐夢荷
インタビュー

「改めて問う、KSSの意義とは?」

代表・正副実行委員長挨拶

徐 夢荷

代表理事

他人を知って自分を知る

小松サマースクール実行委員会の代表を務めます、徐夢荷と申します。

 

小松サマースクールは2014年より、参加する高校生に「他人を知って、自分を知る」きっかけを提供しています。

 

私は18歳のときに初めて中国を離れ、留学のために日本に来ました。それまで閉鎖的なコミュニティで育ってきたために、進路には「正解」があると信じ込み、敷かれたレールの上を懸命に歩んできました。そのため、来日して「大学」という自由な環境に身を置き、多くの選択肢を目にしたとき、どのように生きるべきか非常に戸惑いました。

 

そんなときに出会ったのが小松サマースクールでした。初年度の2014年は大学生スタッフとして参加し、多様なバックグラウンドを持つ大学生や高校生、様々な分野で情熱を注いで活躍する社会人と出会いました。それをきっかけに私は初めて、「自分は何がしたいのか」「自分の強みを活かしてどのように世界に貢献したいのか」と考えるようになり、生き生きと学び、生活する体験をしました。

 

その後、私はいろいろな方と出会う中で、かつての私と同じように、進路の「正解」に縛られている人がたくさんいることに気付きました。小松サマースクールは日本の地方発のプログラムとして、高校生にたくさんの出会いときっかけの場を作り、「人生の選択肢はたくさんあること」や、「自分らしく生きることの楽しさ」を伝えたいと思います。そして、小松サマースクールに関わった人たちがつながって大きな輪となり、世界にポジティブな影響を与えていくことを夢見ています。

 

小松サマースクールは、これまで国内外の多くの方々に支えられて今年で7年目を迎えることができました。皆様から頂いた恩恵を糧に、未来を創っていく若者を全力で後押しし、社会に貢献してまいります。

 

どうか、これからもお力添えのほど、よろしくお願いいたします。

宇野 太智

実行委員長

囚われない力

こんにちは、小松サマースクール実行委員長の宇野太智です。


小松サマースクールではリベラルアーツの信念に基づき様々なプログラムが展開されています。リベラルアーツとは、様々な分野の知識を身に着け、答えのない問いに対して多角的な視野を持って解決する人材を育成するものです。一般的に「様々な分野」とは、数学、言語学、心理学といった学問のことを指します。しかし俗にいう「余計な知識」は無駄なのでしょうか。例えば地下アイドルグループのメンバーの生年月日を全部知っているとか、円周率100桁いえるとか。それらは直接的に問題解決能力に繋がらなくとも、人間としての深みや面白さを引き出してくれ、次第に人を巻き込む原動力となります。真の意味で「様々」な知識を含むリベラルアーツが重要です。


次に、小松サマースクールの特徴として「異文化交流」が挙げられます。「異文化交流」と聞くと外国人と話して外国の文化を体感することだけに囚われがちです。もちろんそれはそれでとても重要であり、様々な人種や出身国と地域を背景に持つセミナーリーダーが集います。では、ほかの日本人大学生、また同志の高校生はどうか。日本の中、同じ都道府県の中、同じ団地の中でも違う文化は存在します。それらを尊重しあい学びあうことが大切です。


以上の二点を実感するきっかけとなるような機会が小松サマースクールです。今までにない最高に熱く学びの深い夏を共に過ごしましょう!

後藤 さくら

副実行委員長

人生への問い

こんにちは!小松サマースクール副実行委員長の後藤さくらです。


「自分って何者だろう。」


人間生きていれば一度は己に問いかけたことのある疑問。そんな人生や自分自身に問いを抱え、将来を考える多感な時期を迎えている高校生。この夏彼らに必要な経験とはどのようなものでしょうか。小松サマースクール(KSS)が提供できるものとは何でしょうか。


KSSは小松市という文化と自然の魅力あふれる地で、リベラルアーツを軸に行われるバイリンガルサマースクールです。ここで日本全国から集まった高校生は、石川県の文化を体験し、英語を用いて異文化交流を行い、幅広い学問分野に触れ、ともに将来について語り合う1週間を過ごします。この短くも濃い時間は、高校生にとって他を知り、世界を知り、自らと向き合う機会です。


違う価値観を持つ様々な背景の人々が集い共同生活する空間は、きっと新しい考えに出会い、自分のあたりまえを壊す、ちょっとした非日常との出会いになります。そこでは、普段の生活にはない刺激を見て聞いて感じて、違和感に真剣に立ち向かい、他者との違いから自分らしさを見つけることができるはずです。


そして、そこで深まった自分への理解度はのちに自信を持つことに繋がります。自信とは、自らの可能性と価値を信ずること。それはサマースクールが終わった後、世界が少し違って見えたり、挑戦心をもって行動できたり、日常生活の中でも生きてくる能力です。そんな風に他と関わり合いながら自信をつける経験に、最初の問いのような人生の疑問への答えが散らばっているのではないでしょうか。

 

この夏、KSSで温かく寄り添ってくれる大学生と悩める高校生と共に、人生の問いそして自分自身に向き合ってみませんか。

PARTNERS

2021年度実績

小松サマースクール2021の開催にご協賛をいただきました企業・団体の皆様を紹介いたします。

 

助成

小松市(石川県)

特別協力

国連大学サスティナビリティ高等研究所 ・・・いしかわ・かなざわオペレーティングユニット事務局

後援

外務省 ・・・アメリカ大使館・・・Princeton in Ishikawa・・・石川県・・・小松市・・・金沢市

能美市・・・加賀市・・・石川県教育委員会・・・小松市教育委員会・・・金沢大学

金沢工業大学・・・公立小松大学・・・公益社団法人石川県国際交流協会・・・小松市国際交流協会 小松商工会議所・・・特定非営利活動法人こまつNPOセンター

協賛

株式会社小松製作所

加藤レディスクリニック

南熔工業株式会社

株式会社曽⽥製作所

株式会社⻘郊

※順不同、敬称略

FEATURED IN