Komatsu Summer School

北陸で、世界を広げる7日間

小松サマースクールは、国内外の大学生が共に築く、高校生を対象としたサマースクールです。
毎年夏に、石川県小松市で開催しています。
高校生がいつもの生活から一歩踏み出し、 視野を広げ、将来を思い描けるような「きっかけ」づくりを目的としています。

開催概要

開催日時:2017年8月4日(金)~8月10日(木)の6泊7日(暫定)

開催場所:石川県小松市(宿泊施設:里山自然学校 大杉みどりの里)

使用言語:日本語・英語



代表挨拶

Seize your own journey in life


「可愛い子には旅をさせよ」
- One of the first 諺 that I learned in Japanese and that embodies best the spirit of Komatsu Summer School. Although simple, that saying resonates strongly with me as it highlights a turning point in my life - my first journey. At the age of 11, protesters wanting to send a message to the government attacked my school in Haiti, where I always thought to be a safe ground. A few months later, my mother put me on a plane and sent me away to live with relatives in New York. A mother protecting her child would try and keep her son or daughter as closer to her as possible. My mother saw beyond that and decided to send her son abroad to “travel”.
To all Komatsu Summer School participants, see this program as the first step of your journey. Away from the shackles of our daily lives, see this summer school as an opportunity to experiment and learn. My journey was forced upon. Through grit and perseverance, I've reached the level that I am in today. Some opportunities are hidden in unfortunate events. While, some opportunities are a once in a lifetime chance.With an open mind, seize your own journey.
stephane
小松サマースクール代表
タクトピア株式会社アドバイザー
フォースバレー・コンシェルジュ株式会社アドバイザー
Harvard College Japan Initiative 名誉会長
Stephane Fouche

実行委員長挨拶


学び合いの場をめざして

  私は2016年にハウスリーダーとして初めて小松サマースクールに関わり、そして多くを学びました。自分にとってはとても新鮮な高校生ならではの意見を聞くことができ、自分を振り返ることができました。高校生が大学生から学んだことよりも、私が高校生から学んだことの方が多かったかもしれません。小松サマースクールは高校生にリベラルアーツ教育を経験してもらうサマースクールです。学生・生徒だけが受け身で学ぶのではなく、先生も学生・生徒との交わりからたくさん学ぶ、互いに学び合う、それがリベラルアーツだと思います。小松サマースクールも大学生、高校生、そして講師の大人の方々が互いに学び合う、そんなコミュニティーだと思います。
私たちは運営スタッフとして、高校生のみなさんによりよい経験をしてもらうために頑張っています。しかし、最後の答えまで準備するのは私たちの役目ではありません。高校生のみなさんにはKSSを通して、貪欲にどんどんいろんなことを吸収していってほしいと思います。
みなさんにお会いできること、そしてみなさんと学び合うこと、楽しみにしています!
小松サマースクール2017 実行委員長
加藤 慶